ハヤカワ 五味

経営者

1995生まれ東京出身、多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。課題解決型アパレルブランドを運営する株式会社ウツワ代表取締役社長。 高校1年生の頃からアクセサリー類の製作を始め、プリントタイツ類のデザイン、販売を受験の傍ら行う。大学入学直後にワンピースブランド《GOMI HAYAKAWA》、2014年8月には妹ブランドにあたるランジェリーブランド《feast》2017年10月にはワンピースブランド《ダブルチャカ》を立ち上げ、Eコマースを主として販売を続ける。複数回に渡るポップアップショップの後、2018年にはラフォーレ原宿に常設直営店舗《LAVISHOP》を出店。

自身が抱いていた「胸が小さい悩み」を出発点に「シンデレラバスト」を提唱、「ありのままの状態をより美しく魅せる」コンセプトとプロダクトによって女性の選択肢を広げたランジェリーブランド”Feast”、そして「より多くの人が、より多くの選択肢を持ち、自由に選択できますように」という視点から生理用品の開発プロジェクト”illluminate”に携わるなど、声を上げにくい課題を発信し、同時にポジティブな解決案を提示。若くしてアパレルブランドを立ち上げ「起業家」「社長」の肩書を持ち、新世代の女性の代弁者としてTV、ラジオ、ウェブなどで活躍するハヤカワ五味さん。最近、中野から渋谷駅新南口周辺に事務所を移転したものの、恵比寿との関わりについては「これまでは友達に連れて行ってもらっていたばかりで初心者同然」とのこと。彼女が言うように20代などの若い世代にとって恵比寿は「興味はあったけど、特に駅前はちょっとギラギラしていて、若干行きづらい街」という印象があるようです。とはいえ、仕事やプロジェクトの打ち合わせ、LIQUIDROOMでのライブ鑑賞。または大のお気に入りという代官山TSUTAYAや6curryに向かう道すがら、最近はお気に入りのシーシャ屋を駅西口に発見し、恵比寿に足を運ぶ機会が以前よりも増えたそうだ。そんな中で「思っていたよりも肌なじみがいいというか居心地がいい」と気づいた今、散歩が大好きなハヤカワ五味さんにとって、渋谷から代官山への流れの中にある恵比寿の西側は好んで歩くスポットなのだとか。

続きを読む

STOP!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。お酒は楽しく適量で。のんだあとはリサイクル