ビール工場で生産されていた銘柄のがそのまま街の名前になったという、渋谷の影に隠れていた小さな界隈が、今や東京屈指のオシャレなエリアへと変貌したのはご存知のとおり。エディターでありライターであり、放送作家でありラジオパーソナリティである渡辺祐さんは、幸運にも双方の時代を知る立場にあるとのこと。洗練されたように見えて、実は古いものと新しいものが入り交じる恵比寿。渡辺さんならでは斬新かつマニアックな切り口から、今回は、アナログレコードで音楽に酔う、恵比寿のユニークなバーを紹介します。

恵比寿は音楽を聞かせるバーが多い。特に20代から30代くらいの世代にとって、恵比寿に来る主な目的のひとつが”LIQUIDROOM”という人が結構いると思う。特にお気に入りのアーティストのライブに行くときは「趣味の合う二人」という最小単位で行動することが多いと思う。そんなイメージで、ライブハウスで音楽を楽しむ前後に立ち寄って音楽を楽しめる場所をセレクトしてみた。「恵比寿でさらに音楽が聞ける店」で、その夜の音楽体験を、より色濃いものにしてみてはどうだろう?

1

南青山にあった伝説のレーコードショップ『パイド・パイパー・ハウス』のスタッフが手掛けるロックバー。東京のロックファンからこよなく愛されてきた名店。洋楽はもちろんだけど、日本のポップス、特にはっぴいえんど、大滝詠一、山下達郎といった70年代から愛され続けるポップスのコレクションがすごい。近年、いわゆる「シティ・ポップ」が国内外で再評価されて、注目している人も多いと思うけれど、アナログ盤で聴くことで、印象はまたガラリと変わるはず。アナログレコードが再び注目される昨今。だからといって、家でそれを聴く環境を一から整えるのは簡単じゃない。特に若い人が、何十万もする機材を買い揃えるのは不可能に近いわけで。つまり「アナログレコードを聴く手近で最高の環境」は実はお店にあるんですよ。いいシステムで音を堪能すればアナログの良さを確認できる、という意味でもオススメ。営業日と営業時間がちょっと変則的なので注意が必要だけれど、”LIQUIDROOM”もすぐそばから、ライブの前後にぱっと立ち寄るのにも便利。

2

YouTubeやサブスクリプションを利用する機会が増えたものの、耳にする音楽は好きなジャンルに偏りがち。そんな時代だからこそ、「音楽バーには新しい出会いが待っているんじゃないか」と僕は思っていて。1980年代に池袋で産声を上げ、その後恵比寿に移転した、ソウル/ブラック・ミュージック好きで知らない人はいない超有名店。長くやっているだけあってコレクションも豊富だし、何より雰囲気が「いかにもソウルバー」という感じ。この手のお店って、ちょっとハードルが高いじゃないですか。「お店の人に気軽に話しかけたり、リクエストしたりしていいのかな」と臆するような。ただ、バーであることには変わりないから、カウンターに座って古いソウルでも聴きながら1、2杯飲んでみる、でいいんじゃないかな。で、好きな曲がかかったときに「こういうのが好みです」と自然体で話しかけてみるとか。あとこのお店はフード類が充実していて、パスタにピッツァにジャークチキン、黒板に書いてあるスペシャルメニューのどれも美味しい。2軒目、3軒目にピッタリのお店なだけに、深夜の食べ過ぎにはくれぐれも注意を(笑)。

大人数の入店お断り、大声でしゃべれない、爆笑できない、無断で写真撮影禁止。「こんなにキリッとしたバーは、世界中探してもないんじゃいか?」と個人的に思っている(笑)。オーナーさんが新宿で長年ロックバーをやっていたのは知っていたけれど、恵比寿という場所でこのスタイルでスタートしたのは意外な驚きでした。年代物の真空管アンプと巨大なヴィンテージスピーカーを配置、60〜80年代のロック、ソウル、AORを中心とした選曲。これだけのサウンドシステムとアナログレコードのコレクション、さらに広々とした空間。音楽を聞くための最高の環境を作り出す情熱がとにかくすごい。そういう意味でも、守らなければいけない独特のルールはあるにせよ、リスペクトすべきバー。スマホ全盛の時代、若い世代の人はイヤフォン越しに音楽を楽しむ機会が特に多いはず。でも音楽バーの良さって「空中に音がなっている」ということ。大好きな音楽に集中して聴くのはもちろん素晴らしいこと。けれど、たまにはステレオがドンとあって、空中に音がなっていて、飲みながらそれを聴く。そうやって聴こえてくる音楽って、実はすごく幸せな気がしていて。それにお酒もすごく美味しい。

アナログレコードの音感に耳を傾け、ユニークなバーの空気感に酔いしれる。恵比寿には個性的な音楽バーは他にもまだまだありますから、少人数でのバー巡りにはぴったりですね!

PLAN08

音楽に酔う夜

1

Bar Sailin’ Shoes

住所:渋谷区恵比寿西2-8-6 ウエスト2ビル B1F
電話:03-3464-2433
時間:19:00 - 2:00
定休:日火第1土第3土
Instagram:https://www.instagram.com/sailinshoesebisu/

2

Brown Sugar Ebisu

住所:渋谷区恵比寿1-22-17
電話:03-3441-6266
時間:20:00 - 2:00
定休:不定休
URL:http://brownsugar-ebisu.com/

3

Bar Martha

住所:渋谷区恵比寿1-22-23
電話:03-3441-5055
時間:19:00 - 5:00
定休:無休(夏期・年末休暇あり)
URL:http://martha-records.com/martha/

STOP!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。お酒は楽しく適量で。のんだあとはリサイクル