#20

恵比寿タイムズ

フレンチガーリッシュなアンティーク雑貨が揃う漫画家・稚野鳥子のアンティークショップ

人気漫画『クローバー』や『東京アリス』などで知られる漫画家である稚野鳥子(ちやとりこ)さんがオーナーを務めるアンティークショップ“Torico-lore(トリコロール)”をご存じでしょうか?

かねてよりフランスのアンティーク雑貨やブロカント(古道具)の収集を趣味としていた稚野さんは、自身の気に入ったものを集め、いつの間にか日本最大級の骨董市「骨董ジャンボリー」にも出店するほどのコレクターに。その後、趣味の域を越え2016年に、1800年代~1940年代、主にフランスの上流家庭で実際使用されていた、ガーリーな雑貨を扱うアンティークショップをオープン。

恵比寿南2丁目エリア(パシフィックファニチャー近く)の道を一本奥に入ると可愛い外観のお店が現れます。もともとは築50年の木造アパートの一階だった建物を稚野さんがインテリアから外装に至るまで、すべてのデザインを手がけて完成させたという。入口のドアも自身が所蔵していたフランスのアンティーク扉を使用。また、家具の一部は稚野さん自身がペイントしたり、フランスで使われていたアイテムなどを取り入れて作り上げたという。

コレクションしていたホーローは、なんと1000点以上もあるそうで、マニアの方からも、こんなに可愛くて状態のいいものが揃うなんて!と驚かれるそう。

また、手編みレースリネンなどのメルスリー、純白のドレスなども揃っています。時代を飛び越えてやってきたことを感じさせる小さめのドールやぬいぐるみ、ヴィンテージ感のあるアクセサリーなど、まるで宝探しをしているようなワクワクした気持ちになります。

また、ここには稚野さんの漫画にも出てくる愛犬のドリーとシロップがお店に来ていることもあるとか。

 

店舗概要

トリコロール(Torico-lore)

住所

東京都渋谷区恵比寿南2-25-12

電話

03-6712-2208

営業

12:00 - 19:00
定休:火水

STOP!20歳未満飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。お酒は楽しく適量で。のんだあとはリサイクル